最新投稿

  • 日本の家屋で増え続けるベッドの利点について

    現在の日本では寝具も欧米化が進んでおり、日本で昔から親しまれてきた布団が減りつつあります。
    布団とベッドはそれぞれ利点が異なり、双方を所持しているという人も多くいます。
    布団と違い、ベッドは収納する必要が無いため片付けるという概念が存在しません。
    マットレスなどの交換は必要となっており、布団にはないメンテナンスが必要な点も大きく異なります。
    そしてベッド自体にも種類が存在しており、足付きの物や収納スペースのある物など様々です。
    布団を抑えて普及した要因は様々ありますが、日本の家屋その物が欧米化の影響を受けている点にもあります。
    布団ではなくベッドの方が現在の家屋に設置されている家具との相性が良く、見た目に違和感を感じません。
    その他にもマットレスに仕込まれているスプリングが人気を呼んでおり、程よい心地よさで眠ることができるなどの意見があります。
    マットレスにも種類が存在しており、スプリングの種類やデザインの違いなどを自由に選ぶことができます。

    半田晴久について

    ワールドメイトについて

    ワールドメイトに関するサイト

    ワールドメイトに関するサイト

    半田晴久について

  • 良質な睡眠を得る為のベッド探しについて

    人間は一生の3分の1は寝ていると言われています。
    睡眠を損なうと集中力が低下したり、体調不良に …

  • 自分で使うベッドの購入について

    憧れていた一人暮らし、そんな場面で必要になってくる可能性が高いのが、自分で使うベッドです。
    も …

  • ベッドの良さと、呼び名について

    夜寝るときに、多くの人はベッドかお布団のどちらかを使っています。
    それぞれに利点があります。< …

  • 二段ベッドの利用と選び方について

    部屋の面積が狭い場合、空間を有効利用するためには二段ベッドの活用が便利です。
    宙に浮いている空 …